育毛シャンプーの特徴

育毛シャンプーの中でも製品がいいものとしては、泡立ちが悪いということがあります。
それは逆にいいシャンプーだと思ったほうがいいです。

逆に泡立ちが良すぎる巷に売っているシャンプーは異常だと思ってもらって構いません。
その理由が大量生産されて安く売り出されているシャンプーは、洗浄力を増すために石油系界面活性剤という強力な成分が配合されていて、泡立ちと洗浄力が強められているからです。

ちなみに石油系界面活性剤は完全に人口的に作られたもので、シャンプーだけでなく、洗顔料や台所用洗剤などの身の回りのものにたくさん含まれています。
これは商品の良さを強調するために泡立ちを良くして、洗浄力が強いほうがいいという宣伝効果を高めるための目的でしかないんです。

ですので、泡立ちが悪いシャンプーはいい育毛シャンプーだと思ってもらっていいです。
そのようなものには大体アミノ酸系の洗浄成分というものが配合されています。

更に市販のシャンプーみたいにいい香りがするというものは少ないです。
逆に無香料のものが多いです。
この理由は頭皮をいたわることが目的なので、無添加の商品が多いからです。

無添加の商品なら頭皮環境の正常化には何も問題がないと言っていいくらいおすすめです。
育毛シャンプーは頭皮の環境を良くすることを徹底するために人口的な成分を配合していないものが多いんです。

Copyright (C) 髪に優しいシャンプーとは All Rights Reserved.